HOME » 不動産選びのギモンを解決して、良い不動産を選ぼう!

不動産選びのギモンを解決して、良い不動産を選ぼう!

不動産選びQ&A

初めて不動産を購入する場合、色々分からないことが多いと思います。不動産選びでよくある疑問を解決して、安心・快適な住宅を手に入れましょう。

不動産選びでよくある疑問

疑問と答え①

Q:信頼できる不動産会社の見分け方はありますか?

A:見分け方は大きく分けて3つあります。「情報サイトでの評価(口コミ)」と「店舗の張り紙」、「スタッフの接客態度」が挙げられます。

大手の会社だと経営している店舗が多いため、ネガティブな意見も必ず検索でヒットします。大切なのは「一つでも悪い評価があればダメだ」ということではなく、メリットや好意的な意見との兼ね合いで「ある程度信頼できそう」「自分に合った会社だ」と思えるかどうかです。

ネガティブな噂や意見ばかりを気にしていると、ネットですら取り上げられないほどまったく実績のない会社しか選べなくなります。

方法はいくつかありますが、「これだけをチェックすれば見分けられる」という簡単な判別方法はありません。自らの目で様々な視点から会社をチェックして、信頼に足る会社かどうかを総合的に評価しましょう。

疑問と答え②

Q:大手の不動産会社と地域密着型の不動産会社では、仲介手数料などに違いはありますか?

A:仲介手数料は上限が法律で定められているので、どちらの会社でも仲介手数料に大きな差はありません。

中には、「いくら以上の商品であれば、仲介手数料が無料」というところもあるので、費用を抑えたい方は不動産会社に確認してみると良いです。

疑問と答え③

Q:他にも大手と地域の不動産に違いはありますか?

A:大手の会社は実績がありますが、営業担当者と密接な関係を築くことはできません。地域の不動産会社なら、担当者が簡単に変わることはありませんが、大手の会社に比べると扱っている物件の数が少ない場合があります。

また、不動産会社が取得している宅建業の免許には、「大臣許可」と「知事許可」があります。大臣許可は2つ以上の都道府県にまたがって営業を行っている場合に交付され、一方、知事許可は1つの都道府県のみで営業を行っている場合に交付されます。

何となく大臣許可の方が優れているように見えますが、営業範囲が異なるだけで不動産の取り扱いに差はありません。「規模が大きいから大臣許可なんだな。より地域に密着しているから知事許可なんだな」という感じです。

大手と地域密着型には、それぞれ得意分野があります。分譲マンションや中古一戸建てを購入するなら大手の不動産会社、新築の一戸建てを建てるなら地域密着型の不動産会社が良いです。上手に使い分けることが業者選びのコツです。

疑問と答え④

Q:分譲マンションと戸建ての物件、どちらがお得ですか?

A:家族構成や収入、家を購入する上での要望など、個人ごとに状況は異なるため一概にどの物件が良いとは断定できません。

マンションには、「戸建てより安い値段で好立地の物件に住める」というメリットがあり、戸建てには、「理想や希望を形にしやすい」というメリットがあります。予算を抑えたい方にとってはマンションの方が金銭面で自由を感じると思いますし、造りとデザインにこだわりたい方にとっては戸建ての方が自由に感じるでしょう。

また、マンションの場合は防犯や防災への取り組みが強化されているので、単身・2人暮し・小さい子どもがいる家庭におすすめです。

疑問と答え⑤

Q:住み心地の良さや資産を残すという目的のため、やはり中古物件を購入するより新築を建てた方が良いですか?

A:中古物件を購入後、リノベーションを行うという方法もあります。ただし、リノベーションを行うと資産価値が高くなり、固定資産税も同じく高くなる可能性があります。

そこで、中古物件好きの人は、「新築価格では手の届きにくいお手頃物件」を探して、壁紙の張り替えや水回りなどの修繕のみを行うことが多いです。

つまり、リノベーション(新築よりも機能を向上させる大規模な工事)ではなく、リフォーム(壊れや汚れ、老朽化した部分を直す小規模な工事)を行うということです。はじめから綺麗な物件を見つけて購入すれば、リノベーションを行う必要がなく費用をそのまま抑えられます。

気になる中古物件が見つかれば、老朽化の進み具合を担当者に確認しましょう。修繕費用を見据えた上で予算と照らし合わせて購入することが大事です。

疑問と答え⑥

Q:親と同居することになりました。分譲マンションと戸建て物件、どちらを選ぶべきでしょうか?

A:分譲マンションの中には、バリアフリー対策を実施していない物件もあります。そのため、親御さんの足腰が弱っていたり車椅子で生活を送っていたりする場合は、戸建て物件の方が良いかも知れません。

新築にバリアフリー機能を取り入れるか、中古物件をリノベーションしてバリアフリー化する方法が理想的です。

また、建売の分譲住宅には、高齢者に特化した「高齢者用バリアフリー住宅」もあります。高齢者だけで住めるように便利なサービスがいくつも用意されていて、医療サービスも利用できます。こうした住宅を選べば、「忙しくて共に過ごす時間を確保できない」、「介助や介護に不安がある」という場合でも安心です。

また、家族構成によってもおすすめの物件は異なります。

このような方には、このような物件がおすすめ

子どもがまだいない家庭

マンション購入後に手狭になる可能性があるため、戸建ての新築か中古物件の購入がおすすめです。

小さい子どもがいる家庭

分譲マンションだと、子どもの声や足音が他の住民に迷惑を掛ける可能性があります。戸建ての新築か中古物件を選ぶと良いでしょう。戸建てには駐車場や庭を設けることができるため、家族サイズの車を停めたり庭で子どもと遊んだりすることができます。ガーデニングを楽しんだり、庭でバーベキューをしたりできるでしょう。

犬や猫などのペットを飼っている家庭

分譲マンションは戸建て物件とは異なり、他の住民の迷惑になることは避けなければなりません。ペット可の分譲マンションでもトラブルは起こりやすいため、犬や猫などのペットを飼う場合は、戸建ての新築か中古物件を選ぶと良いです。

新築だとペットの爪とぎやトイレ、毛などで床や壁が汚れていくことにストレスを感じるかも知れません。中古物件を購入して、ペットと遊ぶ部屋を造ったり色々と工夫してみたりすると楽しいでしょう。

子どもが自立した高齢の夫婦

新築・中古の物件は2人で過ごすとなると広すぎる可能性があります。購入費用が安く、手頃な広さが得られる分譲マンションの購入が良いでしょう。

近年は、高層マンションではなく、「低層型のマンション」が人気です。低層型マンションは閑静なエリアに建てられることが多く、落ち着いた雰囲気を持っています。世帯数も少ないので、高層マンションほど他の住人に気を遣うこともありませんし、エントランスから部屋までの移動も楽です。

ページの先頭へ