HOME » 住みやすい街・千葉市の情報 » その他

その他

このページでは、千葉市周辺の市原市、四街道市、佐倉市、習志野市の特徴を紹介します。

市原市、四街道市、佐倉市、習志野市の特徴

市原市

千葉県の中央にあり東京湾に面した位置に市原市はあります。工業都市として発展し愛知県豊田市に次いで製造品出荷額が日本2位となっています。

ゴルフ場が非常に多く、その数日本一となっています。東京や千葉のベッドタウンとして人口は増加傾向にあります。

隣接する街は千葉市、茂原氏、袖ケ浦市、木更津市、夷隅郡大多喜町、長生郡長南町、長柄町と多くの自治体と隣接しています。

四街道市

千葉市と佐倉市に挟まれる形になっている四街道市は、東京や千葉への交通の便が良いことでベッドタウンとして発展してきました。

四街道駅前は再開発が進み、駅周辺は多くのマンションが建ち並んでいます。人口も増加傾向で、今後も住宅地として発展が見込まれる街です。

佐倉市

千葉県の北部に位置する佐倉市は、東京都心や成田空港へのアクセスが良いことから住宅地として発展してきた街です。

佐倉市は千葉市、四街道市、八千代市、印西市、八街市、印旛郡酒々井町に隣接しています。

プロ野球好きの方は長嶋監督の生まれ故郷のイメージがあるかと思いますが、マラソンの小出監督、漫画弱虫ペダルの舞台になったりとスポーツのイメージが強い街です。

また、ニュータウンで有名なユーカリが丘も佐倉市にあります。

習志野市

千葉県の北西部に位置する習志野市ですが、津田沼駅がある街と言えば都心に住んでいる人はピンとくるかもしれません。千葉市、船橋市、八千代市が隣接しています。

JR総武線や京葉線、京成本線、京成千葉線、新京成線が市内を通っており都心への交通の便が千葉市周辺の街の中でも抜群に良いです。人口も年々増加傾向が続いており、大型ショッピングセンターの出店なども相次いでいます。

自家用車があれば船橋方面や幕張方面にも行きやすいものの、繁華街は夜遅く治安が若干悪くなるのが懸念材料と言えます。

ページの先頭へ