HOME » 住みやすい街・千葉市の情報 » 美浜区

美浜区

このページでは、千葉市美浜区の住みやすさを紹介します。

千葉市美浜区の概要

美浜区は千葉市の北西部にあり、千葉市中央区、花見川区、稲毛区、習志野市に隣接しています。美浜区は区全体が元々埋立地だったこともあり起伏が少ない点が特徴的です。

区内はJR京葉線が走っており東京に出やすい反面、京葉線ならではの気象条件に影響を受けやすい点が悩ましいところです。地理的には違いますが実施美浜区の中心的役割を持っているのが海浜幕張駅を中心とした幕張新都心地区です。

国際的なイベントが行われる幕張メッセや千葉ロッテマリーンズの本拠地があるQVCマリンフィールド、大手企業の本社所在地だったりするため平日休日問わず街はにぎわっています。

駅から離れると閑静な住宅地となっており、大型ショッピングセンターが少ないこともあってか、初めての人は駅周辺との差に驚くかもしれません。

住む人が一番気にされる点と言えば埋立地ゆえの地盤の弱さです。また、大きな地震が発生すると液状化現象が懸念されます。

地盤改良や支持層と呼ばれる硬い岩盤に杭いをうつなど、各自対策が必要になる点は注意が必要です。

千葉市美浜区の暮らしで気になる施設

千葉市美浜区にある暮らしで使用する主な施設の数について紹介します。

医療と介護施設

  • 一般病院数:104カ所
  • 千人あたりの病床数:5床
  • 介護施設カバー率:0.74%

教育機関

  • 小学校:18校
  • 中学校:13校
  • 高校:7校
  • 大学:4校

東京歯科大学や神田外語大学など分野に特化した大学が名を連ねる一方、放送大学も美浜区が所在地になっており、国際色豊かな美浜区ならではと言えます。

美浜区内は富裕層が多く各世代がバランス良く住んでいることもあり住みやすさは高いと言えます。最近では海浜幕張エリアにイオンモールもでき、日々の買物に不便を感じることはありません。

ただし、上の美浜区の概要でも紹介したように元々埋立地で地盤が弱いことが、先日発生した東日本大震災のことを思うと懸念点として挙げないわけにはいきません。

区画整備されイチから街づくりがされてきた住みやすい場所だからこそ、こういった課題が出てきてしまいます。とはいえ、人生で一度あるかないかの出来事なので、そこまで神経質にならなくとも良いのかなと考えています。

ページの先頭へ