HOME » 不動産の探し方・基本の「キ」 » 住宅を購入するまでの流れ

住宅を購入するまでの流れ

このページでは住宅や不動産購入をするまでの流れを紹介します。

不動産購入の大まかな流れ

不動産購入は投資等をしていない方にしてみれば人生で1回あるかないかの大きな買い物です。不動産購入は分譲物件と仲介物件で違いがあるものの、不動産購入の流れはほぼ同じです。以下の流れを知り、それぞれ準備をしましょう。

1.希望条件と必要な資金を準備する

どの街で、どういった物件を希望するかを整理します。全てが叶う不動産は滅多にないので、どこかで妥協が必要になる場合があります。優先順位をつけておくと良いでしょう。

その希望条件がまとまったら必要な資金を準備します。不動産の価格の他に、税金や諸経費がかかる点に注意が必要です。ローンの利用もこの段階で検討をしましょう。

2.情報収集と相談

希望条件と必要資金がまとまりましたら情報収集を行います。目星をつけたら不動産会社に相談をしましょう。

3.不動産の見学

購入検討対象の不動産に実際に足を運び、自分の目で確認します。写真だけでは見えてこないことも多々あります。物件の周辺も歩いてみて確認をしましょう。

4.購入契約

購入を決めたら不動産会社と契約を結びます。住宅ローンを使用する場合はここで事前審査が必要になります。

5.金額の支払いと不動産引き渡し

不動産の費用、頭金、手数料、管理費や固定資産税など支払います。ここで鍵や書類を受け取り不動産の引き渡しを行います。引き渡しが終わりましたら、入居準備をして引っ越しをします。

6.確定申告

住宅ローンを活用した場合は住宅ローン控除を受けられる可能性があります。入居した翌年に確定申告の手続きをしましょう。

仲介物件と分譲物件の違い

売主となっている不動産会社から直接購入する物件が分譲物件、売主と買主の間に不動産会社が入り仲介している場合は仲介物件となります。

先に述べたように物件購入の流れで違いはありませんが、仲介物件の場合、購入申込前に不動産会社と媒介契約を結びます。その契約には仲介サービスの内容と、不動産会社に支払う仲介手数料が定められます。

不動産を探すところから購入契約まで仲介サービスを受けることができます。仲介は一長一短ありますので、内容を確認し自分にあった物件探しをしましょう。

ページの先頭へ