HOME » 不動産の探し方・基本の「キ」 » 物件の選び方

物件の選び方

このページは新築・中古一戸建て、マンション物件の選び方の基本について紹介します。

新築一戸建て物件の選ぶポイント

住宅購入資金、住まいの条件をもとに住まい選びをしていきますが新築と中古、一戸建てとマンションで物件選びで重視したい点があります。まずはじめに、新築一戸建て物件の選ぶポイントについて紹介します。

新築一戸建て物件は、建物の耐用年数、自分で選べる住宅設備、自由な住まいづくりができるという点が魅力です。ご自身の生活に合わせて建てることができるため建物費用は中古に比べてかかります。

逆に簡単には引っ越せないこともあり、他の物件以上に長期的に使用することを念頭にして選ぶ必要があります。

チェックポイント1. 設計図面が整っている物件

設計図面は住み始めてしばらくは使用することはないでしょう。しかし、将来のリフォーム時には必要になってきます。図面有無で建物の資産価値にも影響がでますので注意しましょう。

チェックポイント2. 災害リスクがどのくらいあるのか

購入しようとしている地域は自然災害のリスクがどのくらいあるでしょうか?役所で発行しているハザードマップをもとに、事前にチェックをしましょう。

チェックポイント3.  隣接地や周辺の方との約束事

近隣住民、特にお隣さんとの約束事は早めに確認しておきましょう。長年お付き合いしていく間柄になるので、約束事などは事前に確認しておくのが吉です。

新築・中古マンションの特徴

同じマンションでも新築と中古では、それぞれ異なるメリットデメリットがあります。マンション購入を検討する時は、この特徴を押さえておくことが大切です。

新築マンション

新築マンションのデメリットとして、建設途中の段階で販売されるケースが多いため、完成後のイメージが分かりにくいというものがあります。

日当たりや風通し、騒音といった環境は、実際に内見してみないと判断できません。暮らしやすさを優先して物件探しをしたい人にとっては、大きな判断材料を失うことになります。

次にメリットについてです。新築マンションは中古と比べると、優遇処置の幅が広い傾向にあるところです。

特に税制面で優遇されやすいのでお得感があります。

また、これから建てられる新築マンションは、築年数が経過したマンションと比べ耐久性や耐震性が高く、建物の質的には文句なしのレベルといえます。

この先、長く住むのであれば新しいマンションに越したことはありません。

中古マンション

中古マンションは保証が十分でないことや、建物のデザイン性の低さが目についてしまうところがデメリットといえます。

居住者によっては、同じ築年数でも劣化状況は大きく異なります。そのため、内見時は細部まで徹底的に現状確認を行うようにしてください。

メリットは、リノベーションでデザインを自分好みに変えられるという点です。これでデザイン性の低さは、解消できるでしょう。

あと、新築と違いすでに出来上がった状態であるため、眺望や騒音、風通しの確認をすることができます。

また、以前に住んでいた人に実際住んでいてどうだったかという感想を聞き参考にすることができます。

新築も中古もそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分の用途に合わせて選ぶように心がければ後々後悔もしないでしょう。

マンション選びはここをチェック!

チェックポイント1.マンションの管理方法

マンション管理は、業者に委託している物件を選ぶようにしましょう。自主管理のマンションだと、住民だけで管理しなければいけなくなるのでとても苦労してしまいます。

不具合が生じた時も対応が遅くなったり、些細なことがきっかけで近隣トラブルになったりする恐れもあります。

チェックポイント2.築年数はどのくらい

マンションは、新築と分類され価値を高く保てる期間が約5年だといわれています。それ以降になると、不動産価値はどんどん下落していくのです。築30年以降になると、その下落幅は安定します。

もし、購入を検討している物件が築10年前後の場合、不動産価値はまだまだ下がる可能性があるため購入を見送るのが賢い選択といえるでしょう。

中古一戸建て物件の選ぶポイント

中古一戸建ては新築よりも低価格でマンションよりも自由度が高いことから根強い人気があります。中古一戸建て購入を検討される方は以下について事前にチェックしましょう。

チェックポイント1. 違法建築でないか確認

検討している中古物件に検査済証が交付されているか確認しましょう。図面通りに建築されていないケースもありプロでなければ見抜けないこともあります。購入前に不動産屋と一緒に確認をしましょう。

チェックポイント2. 壊れた箇所や劣化箇所の確認

中古物件は劣化している箇所が多々あります。建ててから時間が経っているので仕方がない点ですが購入後に改修で思わぬ出費が発生する場合があります。見えるところなら良いですが部屋からは見えない部分も劣化は進んでいると考え念入りに確認しましょう。

マンション物件の選ぶポイント

マンションは一戸建てと違い1つの土地や建物を複数の人が所有することになります。そのため、一戸建て以上に暮らし方にルールがあります。共用部分の使い方やペット、マンションが所有している庭の使い方など制約がある一方、管理修繕は基本的には管理会社が行うため一戸建てのようなメンテナンスは必要ありません。

その代わりに管理費や修繕積立金などが発生します。この点は手間を取るかお金を取るかの差になりますので、求める暮らし方に応じてマンションを選びましょう。

不動産価値が下がりにくいマンションの選び方【千葉】

不動産価値で大事なのは「立地」「設備」「管理」

立地が悪いと、やはり将来的な価値はどうしても下がってしまいがちです。

駅や商業施設、医療施設、教育施設などが近くにある場合、不動産としての価値は上がっていきます。

近年では耐震性等の建物としての頑丈度も重要になってきています。

建物が頑丈ではない場合、将来的に不安の残る物件となるため、価値は下がってしまうのです。

「設備」も重要であり、豊富な設備が整っているかどうかによっても価値は大きく左右されていきます。

しかし極端なことを言ってしまうと、立地、設備がいかに魅力的なものになっていたとしても、管理がしっかりされていなければ、不動産としての価値は非常に大きく下がってしまいます。

立地が良くても管理がしっかりしていない場合、補修するべき場所が補修されていないことになり、不便さが残ってしまう可能性があるのです。

設備も当然活用できない状態になってしまっていることが考えられ、価値としては大きくデメリットを背負ってしまうことになるでしょう。

管理がしっかりされているマンションは、外観がしっかりしています。 一番わかりやすいのが、ゴミ置き場や植物への手入れです。

この2つがきちんと管理されているということは、マンションの隅々まで管理が行き届いている証拠と言えます。

「ゴミ置き場がずさんになっている」「植物の手入れがしっかりとされていない」という場合は、管理組合などの機能はとても低くなっており、あまり期待できないと考えておくべきでしょう。

このように管理が行き届いていない不動産は、現時点で価値が高いと判断されていても、時間の経過と共に劣化が目立つようになり、価値はどんどん下がっていってしまいます。

現時点での価格はのちの参考になる

マンション購入の際、価格はとても重要な指標になります。 価格が低い=将来性のない物件と考えても良いでしょう。

費用という意味ではお得ですが、資産という意味ではメリットはあまり持っていません。

資産をある程度気にするのであれば、自分の金銭的事情が許す限り、高価なものを購入しておくと良いでしょう。

ただ、上記で記したように、現時点では高価であったとしても管理がしっかりしていないと価値はどんどん下がっていってしまいますので、費用ですべてを判断してしまうのはよくありません。

立地はある意味で一番不変な価値であり、物件があまり良くなかったとしても、立地さえ良ければ価値はあまり下がらない場合もあります。

立地の良さを確認し、そのうえで管理や設備を確認していくと良いでしょう。

立地が悪すぎる状況で管理がしっかりしているという物件と、立地が良い状況で管理があまりしっかりしていない物件では、前者のほうが価値が高いことも珍しくありません。

ですが、管理がしっかりしていて損をすることはないので、できれば管理の面も重視しておきたいですね。

ページの先頭へ