HOME » 不動産の探し方・基本の「キ」 » 物件の選び方

物件の選び方

このページは新築・中古一戸建て、マンション物件の選び方の基本について紹介します。

新築一戸建て物件の選ぶポイント

住宅購入資金、住まいの条件をもとに住まい選びをしていきますが新築と中古、一戸建てとマンションで物件選びで重視したい点があります。まずはじめに、新築一戸建て物件の選ぶポイントについて紹介します。

新築一戸建て物件は、建物の耐用年数、自分で選べる住宅設備、自由な住まいづくりができるという点が魅力です。ご自身の生活に合わせて建てることができるため建物費用は中古に比べてかかります。

逆に簡単には引っ越せないこともあり、他の物件以上に長期的に使用することを念頭にして選ぶ必要があります。

チェックポイント1. 設計図面が整っている物件

設計図面は住み始めてしばらくは使用することはないでしょう。しかし、将来のリフォーム時には必要になってきます。図面有無で建物の資産価値にも影響がでますので注意しましょう。

チェックポイント2. 災害リスクがどのくらいあるのか

購入しようとしている地域は自然災害のリスクがどのくらいあるでしょうか?役所で発行しているハザードマップをもとに、事前にチェックをしましょう。

チェックポイント3.  隣接地や周辺の方との約束事

近隣住民、特にお隣さんとの約束事は早めに確認しておきましょう。長年お付き合いしていく間柄になるので、約束事などは事前に確認しておくのが吉です。

中古一戸建て物件の選ぶポイント

中古一戸建ては新築よりも低価格でマンションよりも自由度が高いことから根強い人気があります。中古一戸建て購入を検討される方は以下について事前にチェックしましょう。

チェックポイント1 違法建築でないか確認

検討している中古物件に検査済証が交付されているか確認しましょう。図面通りに建築されていないケースもありプロでなければ見抜けないこともあります。購入前に不動産屋と一緒に確認をしましょう。

チェックポイント2 壊れた箇所や劣化箇所の確認

中古物件は劣化している箇所が多々あります。建ててから時間が経っているので仕方がない点ですが購入後に改修で思わぬ出費が発生する場合があります。見えるところなら良いですが部屋からは見えない部分も劣化は進んでいると考え念入りに確認しましょう。

マンション物件の選ぶポイント

マンションは一戸建てと違い1つの土地や建物を複数の人が所有することになります。そのため、一戸建て以上に暮らし方にルールがあります。共用部分の使い方やペット、マンションが所有している庭の使い方など制約がある一方、管理修繕は基本的には管理会社が行うため一戸建てのようなメンテナンスは必要ありません。

その代わりに管理費や修繕積立金などが発生します。この点は手間を取るかお金を取るかの差になりますので、求める暮らし方に応じてマンションを選びましょう。

ページの先頭へ