HOME » 千葉市の戸建て・マンション物件情報 » 新築一戸建て

新築一戸建て

千葉市内で新築一戸建てを購入したいと検討している人は、土地購入からアフターフォローまでを対応してくれる地域密着型の不動産会社を選ぶことをおすすめします。

住んでいるうちに、劣化の補修やリフォームなども発生するかもしれません。長く住むことが前提になるので、ずっとお付き合いができる不動産会社を選ぶことが失敗しないコツと言えるでしょう。

新築一戸建てでオススメの不動産会社をチェック!

千葉市で住まいづくりをはじめて20年以上。
地域に根ざしたサービスと高い情報力が魅力。
創建住販

創建住販の公式HP画像

創建住販は、千葉市中央区に本店を構える不動産会社。この会社の最大の魅力は、千葉市の不動産を知り尽くしたスタッフによる地域密着型の丁寧なサービスと、20年以上住まいづくりに携わってきた実績があることです。

独自のノウハウを活かして、マイホームの購入を1から10まで提案をしてくれるところもポイント。土地探しからメンテナンスまでトータルサポートシステムを確立しており、創建住販の不動産部、建築部、インテリア部の各部署が連携してマイホームの建築・購入を手助けしてくれます。

また創建住販は、施主の希望に沿って家づくりが進められる「フリースタイル」と、同社がデザイン様式別に住まいづくりをトータルプロデュースする「コンセプトスタイル」の2つのスタイルを用意。理想の家づくりが実現できるでしょう。

施工に関しても、下請け業者に任せることなく自社で品質管理や安全管理を徹底して行っています。

創建住販の魅力を語る上で忘れてはならないのが、耐震性・耐久性・気密性が高い「ハイブリッド工法」を取り入れていること。日本の伝統的な木造建築法の「在来軸組工法」に、外壁の内側に通気層がある「壁体内通気工法」をミックスさせたこの独自の工法は、室内を快適に保ってくれます。

創建住販の公式HPでくわしくチェック!

特許工法の換気システムと
「炭」の力が生み出す健康住宅
フレスコ

フレスコの公式HP画像

千葉市や市原市、東葛エリアを中心に新築一戸建てを手がける不動産会社・フレスコ。この会社の特徴は大きく2つあります。1つは、「特許を取得した技術」を使った家作りです。素材、構造、技術をフレスコなりに組み合わせて確立された構法は「エコ・ハイブリッド構法」と呼ばれています。

木造軸組構法に枠組壁構法の技術を合わせたこの構法は、耐震性、耐久性、耐火性に強いと評判です。

もう1つは、「炭の家」というブランドを展開していること。「炭の家」は特許取得の工法で建てられたフレスコ独自のブランドで、「カーボンエアクリーンシステム」を搭載しています。

24時間換気しながら、炭の力で空気を綺麗にしてくれるのです。

独自の技術を使っているので、価格は少々お高めになるケースもあります。健康に気を使う方にはおすすめの施工法です。

フレスコの公式HPでくわしくチェック!

千葉市の新築一戸建ての特徴とは

千葉市の特徴として人口が多い街ではあるものの、東京に近い浦安市、市川市、船橋市などに比べて土地の価格は安くなっています。

また、千葉市の中でも土地の坪単価は区によって差があり、目安としては中央区、美浜区、稲毛区、花見川区、若葉区、緑区の順で土地価格に差があります。

特に、一番高い中央区と一番安い緑区では40万円ぐらいの差があるため、費用面に関してはご自身の条件に合わせて確認すると良いでしょう。

新築一戸建ての分譲価格の売り出し価格の相場としては4LDKの物件で3,000万~4,000万円が一般的に多く出ています。土地購入から新築で建てる場合も、このぐらいの費用がかかるでしょう。

エリアとしては、再開発が進んでいる緑区や若葉区が多く売り出されています。東京に通勤している方の場合は、緑区や若葉区は若干遠いかもしれませんが、今後ショッピングセンターの進出予定もあり注目のエリアとなっています。

最寄りの駅が遠いこともあるため、自家用車が必須になる場所もありますが、逆に自家用車があれば、自然も多く住みやすい地域と言えます。千葉市の都市機能が多くある中央区や美浜区の場合、新築一戸建てではなくマンションが中心となっています。

企業のオフィスが多いこともあって土地価格が高いことと連動していますが、こちらも人気のエリア。

新築一戸建てを購入検討しようとしている方は、地域密着型の不動産会社を選ぶのが良いでしょう。設計から施工、アフターフォローが期待できるとともに、地域特有の情報に強いことも考えられます。

ページの先頭へ